バルブ組付ライン
| 1 | 2 | 3 | 4 |
スプリング + スペーサ組付機
概要
スプリングとスペーサはパーッフィーダーで供給され直行R/Bにて自動挿入されます。
プランジャーのストロークを確保するため、プランジャーの深さを測定します。
特 徴 スプリング、スペーサは3品種まで対応しワーク品種に応じて自動挿入します。
ロードセルや変位センサー等を使用し部品の誤部品と挿入確認を自工程で行い、異常ワークは次工程には流出しません。
安全カテゴリー:クラス2
スプリング+スペーサ組付機(30ST)

このページの先頭へ
ストッパー調整組付機
概要
品種別のプランジャーSTを確保する為、ストッパー部品の長さをサーボモターにて自動調整してボデーワークに自動挿入します。
ストッパーはパーッフィーダーでインデックス上に自動供給され、調整前のストッパー長さ測定、プランジャー深さを含めてPC演算してストッパー調整します。
特 徴 パレット番号はバーコードで読取り、ストッパー調整に必要な測定データーに載せてPCでデーター管理します。
安全カテゴリー:クラス2
ストッパー調整組付機(40ST)

このページの先頭へ